[PR]

Kindle paperwhiteで試し読み&ストアを覗いてみる

[PR]

Kindle paperwhiteの設定が一瞬で片付いたので読んでみましょう。

事前に何冊かウェブのキンドルストアで購入しておいて、Kindle paperwhiteに送っておきました。そしたら、設定終了した瞬間読み始めることができました。

楽チンである。

[PR]

とりあえず津田大介さんの『ウェブで政治を動かす』を開いてみました。500円とお得な値段で売ってます。

ウェブで政治を動かす!
朝日新聞出版 (2012-11-13)
売り上げランキング: 3

トップページの表紙。しかし本を開くとトップページから開かず、2ページ目から始まった。なぜなんでしょうね。せっかちなアメリカ人なら早く読ませろってことで納得しますけどね。

デフォのフォントサイズです。ページ捲りはサイドをタップ、あるいは捲りたい方向へ指をスライドさせる感じで。

フォントサイズの変更は、画面上部をタップすると以下のようにメニューが表示されますのでそこから。

文中に参照リンクがあった場合、URLにダブルクリックするとリンク先に飛べます。

ダブルクリックするとブラウザが立ち上がります。

アドレスバーにURLを入力すれば一応どんなサイトでも開けます。
これは僕のブログ。まあ、あんまり読みやすくないですけどね。

さて、端末からキンドルストアへ行ってみます。ホームボタンでホーム画面に戻り、買い物カートのアイコンをクリックするとキンドルストアへ飛べます。

ストアのトップページはこんな案配。検索から探してもいいし、ジャンルから辿ってもいいです。

ジャンルを選択すると書籍のアイコンが並びます。

欲しい本を見つけたらアイコンをタップ。『1クリックで買う』を押せばそれだけで買えます。ホントに簡単に決済が済んでしまうので、衝動買いにご注意を。

検索は予測変換機能つきです。この予測変換機能もありがたい。便利なので胸キュンです。

やはり活字の読書体験としては申し分ないです。しかし、マンガ。現状の専用端末の弱点はマンガですね。やはりページのターンの際に反転するのが避けれないんですよねえ。それでも十分読めるんですけど、気になりますね、やっぱり。モノクロマンガの1ページ毎の表現力自体はそれほど問題感じませんけど。

マンガだけを考えるならiPadのRetinaディスプレイがいいですね。そしてKindleのストレージは大きくないし、僕の場合これは活字専用に使う感じで、マンガはiPadでという使い分けになりそうです。
まあ、クラウドからいつでも引っ張ってこれるんで、いざマンガを読みたくなったら落とせばいいだけだし。

活字の読書だけならこのKindle Paperwhiteの方はiPadより上ですね。まさに活字中毒患者のためにガジェットですね、これは。

今日は眠る前に電気消してから、こいつで読書してから寝ることにします。これからそれを習慣づけようかな。これならベッドに転がって読んでも苦にならないし。

Kindle Paperwhite 3G
Kindle Paperwhite 3G
posted with amazlet at 12.11.19
Amazon.co.jp (2012-11-19)
売り上げランキング: 7
Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite
posted with amazlet at 12.11.19
Amazon.co.jp (2012-11-19)
売り上げランキング: 2